北海道・東北:

関東:

甲信越・北陸:

東海:

近畿:

中国:

四国:

九州・沖縄:

北海道(4) | 青森(0) | 岩手(0) | 宮城(0) | 秋田(0) | 山形(0) | 福島(1)

東京(48) | 神奈川(38) | 埼玉(61) | 千葉(31) | 茨城(5) | 栃木(3) | 群馬(2)

山梨(1) | 新潟(3) | 長野(1) | 富山(0) | 石川(0) | 福井(0)

愛知(23) | 岐阜(2) | 静岡(0) | 三重(4)

大阪(15) | 兵庫(12) | 京都(0) | 滋賀(2) | 奈良(2) | 和歌山(0)

鳥取(0) | 島根(0) | 岡山(1) | 広島(1) | 山口(0)

徳島(0) | 香川(0) | 愛媛(0) | 高知(0)

福岡(2) | 佐賀(0) | 長崎(1) | 熊本(1) | 大分(0) | 宮崎(0) | 鹿児島(0) | 沖縄(1)

北海道(4) | 青森(0) | 岩手(0) | 宮城(0) | 秋田(0) | 山形(0) | 福島(1) | 東京(48) | 神奈川(38) | 埼玉(61) | 千葉(31) | 茨城(5) | 栃木(3) | 群馬(2) | 山梨(1) | 新潟(3) | 長野(1) | 富山(0) | 石川(0) | 福井(0) | 愛知(23) | 岐阜(2) | 静岡(0) | 三重(4) | 大阪(15) | 兵庫(12) | 京都(0) | 滋賀(2) | 奈良(2) | 和歌山(0) | 鳥取(0) | 島根(0) | 岡山(1) | 広島(1) | 山口(0) | 徳島(0) | 香川(0) | 愛媛(0) | 高知(0) | 福岡(2) | 佐賀(0) | 長崎(1) | 熊本(1) | 大分(0) | 宮崎(0) | 鹿児島(0) | 沖縄(1)

市区町村で探す

【求人】鈑金塗装、自動車整備士 新潟県

  • 新潟

【求人】整備士・検査員・鈑金事業拡大中

株式会社 越後イエローハット
募集職種

1.見習い(塗装)-2名
2.整備士-5名

雇用形態

1.見習い(塗装)-正社員
2.整備士-正社員

給与

1.見習い(塗装)-月給 211,800~240,500円
2.整備士-月給 213,100~240,500円

※記載給与については18歳から28歳程度の参考額となります。経験値により優遇・応相談。

勤務地

長岡市・柏崎市・新潟市・新発田市・見附市・燕市

【企業PR】

黄色い帽子のマークでお馴染みのイエローハットを新潟県内16店舗展開!車検・整備・鈑金まで出来る大型カー用品店であなたの力を発揮出来る職場です。
経験が浅い、これから技術を身につけたい方もOK!
一部上場企業の100%出資子会社です。

【求人】自動車板金工 新潟県新潟市

  • 新潟

急募 鈑金工 やる気のある方求む

株式会社 青柳車体工業
募集職種

1.板金工-1名
2.見習い(板金)-1名

雇用形態

1.板金工-正社員
2.見習い(板金)-正社員

給与

1.板金工-月給 170,000円~250,000円
2.見習い(板金)-月給 150,000円~

勤務地

新潟市西蒲区漆山8755番地

【企業PR】

創業43年の地元に密着した修理工場です。
自動車全般の修理、鈑金塗装を中心に業務をしております。主に乗用車の鈑金をできる方の大募集です。
フレーム修正機、溶接機器、塗装ブースなど最新の設備を備えております。
ご興味のある方は、是非下記より当社HPをご覧ください。

【求人】情熱のある方、求む!

  • 新潟
株式会社 丸山自動車
募集職種

1.板金工-3名
2.塗装工-3名
3.整備士-2名
4.フロント-2名

雇用形態

1.板金工-正社員
2.塗装工-正社員
3.整備士-正社員
4.フロント-正社員

給与

1.板金工-月給 220,000~350,000円
2.塗装工-月給 220,000~350,000円
3.整備士-月給 220,000~350,000円
4.フロント-月給 180,000~300,000円

勤務地

・新潟市内コバック、モドーリー各店
・燕市、三条市コバック、モドーリー各店

【企業PR】

丸山自動車は、車検・新車中古車販売・鈑金塗装・自動車保険・ロードサービス
レンタカーなどをトータルにお客様をサポートさせていただきます。
社員、お客様に喜ばれ、地域に頼りにされる会社になるために
「丸山自動車で良かった」そう、働くメンバーに、 そしてお客様に
思ってもらえる会社を目指し、そのために変化を続けています。

「お客様・社員・会社の成功を実現し、地域社会に貢献します」
という会社の根底に流れている理念を基に、変化すべきところと
変えてはいけないところを明確に分け、常に革新的な仕事を目指します。

このページの先頭へ